シェアする

一級建築士学科の勉強時間の確保について

シェアする

こんにちは。勉報のママさんです。

mamasan

今日は、勉強時間の確保について わたしが実行してきたことを書いてみようと思います。

一日のうち、一応わたしは、妻で、会社員で、お母さんなので、時間はあまりありません。もともと自由時間がない中、どうやって勉強時間を捻出したのか、振り返り、思い出しながら書いていきます。

起床は4:30!!

朝は、通常5:30起床でお弁当と朝食を作っています。

うちのぼっちゃん、グルメだもんで、冷凍食品は食べてくれません。量は食べるのに質にもうるさい。手がかかりますね。だから、それなりに作るのにも時間がかかる&朝補習なるものが高校生にはあるので朝の時間は5:30から始めても超ギリギリです。

で、勉強するとなると、4:30起床、、、、つらかった。

それでも1時間しか捻出できないため、7:00~7:30の細切れ30分も勉強に充てました。自分の朝食は少しだけ摂るようにして時間を確保。洗濯物干しは猛ダッシュで7:00までにやり、7:30まで勉強して、化粧はそこそこに、適当に洋服に着替えて、7:45には会社にいく為家を出る感じです。

 

通勤時間も貴重な勉強時間です。

電車に乗っている時間は22分ほどです。乗車中は携帯アプリの過去問をこなします。特に何回もやらないと覚えない「施工」・「構造」はアプリで何度もやりました。

使用したアプリはこちら

■「一級建築士」受験対策

会社では通常通り仕事に追われます。業種的に建設業は残業も結構あります。勉強したいから残業できませんは、正社員でもないので通りません。(私はいま契約社員です)なので残業の必要があれば残業し、なければ全力ダッシュで帰宅します。

もちろん、帰りの電車もアプリを使用。疲れているときは無理せず、着席して睡眠をとります。

 

ちなみに、昼休みを勉強時間に充てるのもいいと思います。

わたしの場合、極力残業を避けたかったので、昼休み使って何とかなりそうなら昼休みも仕事してました。どうしても残業になりそうなときは あきらめて、睡眠してました。

通常のお昼休みも必ず、食べて眠るようにしています。朝が早いのもあって、昼寝しないともたないのです。

夜の勉強は20:00を目安に。

帰宅後は 残業なしのときは、ご飯つくって、食べて、20時から勉強です。日によって多少前後しますが、20時スタートの気持ちはずっと基準として持っていました。毎日、同じ時間に机に向かうという、習慣を守る為です。 習慣って 身に付けば やるのが普通になり、やらないと気持ち悪くなるものです。歯磨きと一緒。 だから、なるべく同じ時間を勉強に充てる意識を持つといいと思います。

 

だいたい、夜の勉強時間は1時間半~2時間弱。 22:30には布団に入るようにしていました。朝が早いので、やむなし。集中力も夜の方がぜんぜんダメです。 でも私の場合は・・・・ですので、夜の方がツヨイ方は、夜方向で調整してください。

残業の日は、頑張りすぎない。

残業がある場合、、、これ、本当にイラつくんですよ。自分の都合じゃなくペースが乱れるので。怒っても勉強時間はとれないものはとれない。だいたい、残業なると帰宅が20:00~21:00くらいになります。ここは、まるちゃんの登場です。

部活もあってキツイだろうに申し訳ないな、とは思うのですが、1品だけ作ってほしいと懇願します。とにかく米と1品で乗り切る。文句があるなら自分でやれと言って、旦那とぼっちゃんを黙らせ、わき目もふらず、机に向かえば、旦那もぼっちゃんも文句は言いません。少々強引ですが、なるべく少しでも机に座ることを心掛けました。

土日で一週間の勉強時間を調整。

で、毎週やってくる土日。うれしい。休める。な~~んてことはありません。

早起きのリズムを崩さないよう 土日であっても 5:30には起きます。(今は違いますよ)朝の集中力は半端なくあったので、完全朝型なんだと思います。家族がのそのそ起きてくるまでは静かな勉強集中タイムです。しっかり、一週間の予定をこなせているか確認し、不足分は補い、やれることはやります。特に、「法規」は土日にするのがはかどりました。ある程度、納得いくまで法令集で確認する作業は思いのほか時間がかかるので、土日は貴重な時間です。家でばかりは気が滅入るのでガストとか行ってましたね。今年はコロナで図書館が軒並み使えない状態でしたので、そのあたり、不便さを感じました。

少しだけ休憩時間も予定に組み込む

そんなスパルタスケジュールでしたが、金曜の夜だけは、勉強を緩めるようにしました。

さすがにロボットでもないですしね。息抜きは必要です。

全くやらないってことじゃなくて、机には座るけど、ゆる~くやる感じ。朝の勉強やったら、金曜の夜だけはちょっこしだらける。予定をもとから休みとして組むと罪悪感や脅迫感が薄れてよかったです。

 

1人暮らしだったり、両親と同居だったり、家庭環境は様々だと思うので、万人受けするベストな時間の使い方ではないと思いますが、参考になれば、、、

 

そうだ、勉強のモチベーション継続にとっても活躍したアプリがあるのでご紹介します。

■スタディプラス

https://www.studyplus.jp/about

 

勉強時間を記録できます。同じ目標に向かってがんばっている人がフォローできて、みんなの頑張りが毎日見えます。「自分も負けていられない」とあと30分が粘れます。

何をどのくらいやっているかも、グラフで可視化できますので、次に何をやろうかの計画もたてやすいです。かなりの優れもの。

 

資格勉強を始めた途中でこのアプリの存在を知ったので、勉強時間の全てとは言えませんが、わたしの記録はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではきょうはこの辺で、、、

今日も一日、ありがとうございました。感謝です。 断酒551日目。