シェアする

一級建築士学科試験に初受験で合格した道具をご紹介

シェアする

こんにちは。勉報のママさんです。

mamasan

今回は わたしが40歳をとうに過ぎて 初挑戦し、見事 一級建築士学科試験に合格できた秘訣の一つ、勉強中に使用していた道具のご紹介をしたいと思います。

初受験合格と何度もかいて自慢のように聞こえたらごめんなさい。

でも勉強するにあたって、効率やモチベーションにも影響を及ぼす大事な道具。

何でもいいと思っている方、もったいないです! 勉強の道のりは細くなが~~いものです。孤独な自分との闘いの日々。道具一つを変えるだけで、気分上々すいすいやることができるようになるのであれば、お金を払ってでも対価は得られると思います!

 

まず、好みがあるかもしれませんが、、

わたしは勉強するとき、「青」を使います。 黒でもいいのかもしれませんが、「青」の方が紙に書いた時に目に入ってくる感じがするのです。超、個人的な意見ですので万人受けではないと思いますが、、、、

で、よく使ったのが  “フリクションボール2”の0.5mm

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/gel_ink/frixionball2/

「1本で2色を使い分けでき、何度でも書き消し可能な利便性の高い2色ボールペンです。持ち運びしやすいように最大径12.2mmのスリムボディに仕上げ、段差のないなめらかな形状のグリップを採用。」(メーカーサイト抜粋)

多色ペンでも3色・4色のものが多いと思うのですが、敢えて2色のみを使用。理由は黒は必要ないから。それから、結構、一級建築士の勉強って〇か×かの正誤を問う問題が多いのです。解くときは「青」、すぐ答え合わせするので「赤」 2色なら カチカチする動作が迷うことなく赤・青を選択できます。ちなみに、ペンを購入したときの初期セットは黒と赤のインクとなっているので、青の替え芯を購入し自分でリセットします。

もともとは、赤のフリクション0.5mmと青のフリクション0.5mmを別々に使っていました。それだと、持ち替える手間が意外とかかります。替え芯のインク量から考えたら、断然1本づつの方がコスパ最高なのですが、そこはこの建築士の学科勉強に限ってはもう2色のセットペンに軍配が上がりました。

過去問題を結構何回も何回もやると思うのですが、この2色ペンに替えてから、持ち替える手間がなくなり、効率よくこなせるようになりました。

 

2つめは、、、、、“ A4 4色ミックスカラー 紙厚約0.09mm 200枚 HCP-A4MX

https://item.rakuten.co.jp/mrpostman/13006084475/

何度やっても間違う問題は、もう理屈抜きに暗記です。その時に書きなぐったのが この4色カラー用紙です。自分で覚える優先順位を決めます。

参考にしたのは、石井貴士著「1分間勉強法」。赤・緑・黄・青の心理4原色を使った勉強法という最速化の頭が良くなる勉強法が書かれています。

「今すぐ、しなければならない最重要なこと」・・・赤(ピンク)
「しなければならない重要なこと」・・・緑
「後まわしにしてもいい重要なこと」・・・黄色
「しなくてもいい重要なこと」・・・青(水色)

この4色を重要度順にすることで右脳に刷り込み、何度も見返すという手法。

構造の公式→ピンクの紙   施工のコンクリートの種別→グリーン、、、みたいな。

もう自分の感覚でどんどん書く。で、一回ブルーに書いたけど また間違ってるときはピンクに昇格です。ピンクの紙にも書く。 

紙は購入したときA4サイズなのですが、移動中や隙間時間にさっと取り出して読めるよう、半分のサイズに切って 各色ごとにダブルクリップで止めて持ち歩きました。

持ち歩いて見直す頻度も 紙の色の優先順位のとおり。ピンクは何度も見直しました。

この方法は、2級建築士を3年前に挑戦したときにも大活躍でした。

 

3つめ  “タイマー”

https://cweb.canon.jp/clock-timer/lineup/ct40/index.html

 

受験において「時間」ほど重要なものはありません。

とにかく時間内に全て解答する。これが鉄則です。 

そして、勉強するといって机に座って、教材を開く、、、その動作だけでなんだか勉強した気になってしまっていませんか?

そんな時に、大活躍したのがこのタイマーです。

受験本番も持参。日々の勉強にも必ず使用。受験前の資格学校で直前講座がありましたが、毎回使用。とにかく使いまくっていました。

このタイマーのスバラシイところは、

①カウントダウン、カウントアップができる!!!

②サウンドのON/OFF切替できる!!

③ワンタッチスタンドで、机の上に置ける!

数あるタイマーの中でも秀逸の一品だと思います。キャノン製という信頼もあります。

あまり使わなかったですが、時計としても利用でき、アラームも設定できます。

受験後も利用価値ありですね。(使ってないけど)

時間をセット、スタートすると嫌でも集中タイムに突入できます。携帯のタイマーでも代用可能ですが、計っている間に画面がスリープしていま、何分かわからない。携帯を触る時間はない、、、など、私には不向きでした。

 

他にも、試しては取捨選択していきまして、いろんなものを使ってみた感想はまた次回にご紹介できれば、、、と思います。

 

勉強に年齢なんて関係ない!!!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

感謝。