シェアする

中学地理 世界の宗教

シェアする

今回まとめる内容はおもに、世界の宗教と中学の民族です。この内容は、地理の中では比較的簡単で点数が取りやすい単元です。なのでその分間違えると大きな損失になります。ということで今回は世界の宗教その特徴と中学の民族の単元を完璧にできるようがんばりましょう。

スポンサーリンク

世界の宗教

世界には多くの宗教があります。また、宗教は人々の生活や文化に深く結びついているものです。他にも宗教は、服装、食事、住居、行事または祭り、人間の生き方、考え方にも大きな影響を与えています。宗教には、世界に広く分布している仏教、キリスト教、イスラム教のほか、インドで信仰されているヒンドゥー教や日本の古くからの宗教である神道(しんとう)など、一つの国で信仰されているものがあります。
なので、代表的な3つの宗教である仏教キリスト教イスラム教について少し深く勉強しましょう。

仏教

仏教が一番多く信仰されている国はタイ(日本の南西にある国)であり、タイの仏教徒の男性は、一生に一度出家して、僧侶としての経験を積むことで、一人前の社会人として認められています。また、週に一度寺院に向かって祈りを捧げます。

キリスト教

アメリカ合衆国では、大多数の人々はキリスト教徒です。都市にも村にも協会があり、人々は日曜日に祈りを捧げます。また、食事の前に神への感謝の祈りをささげる人々も多くいます。キリストでは、キリスト誕生を祝うクリスマス、イースター(復活祭)は、最大の祝日です。

イスラム教

イスラム教徒が最も多い国は、イランです。イスラム教徒は1日に5回、聖地メッサに向かって祈りを捧げます。また、金曜日にはモスクという場所に集まり祈りを捧げます。豚肉は食べない、女性は肌をあまり見せないなど食事や衣服に関する習わしが多くあります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。