シェアする

中学社会 歴史 鎌倉時代《生活・文化・宗教》

シェアする

今回まとめる内容は、主に鎌倉時代《生活・文化・宗教》です。この内容は、テストによく出題されます。しかし、テストでは忘れてしまい解けない人が多い単元です。なので今回は、そういった鎌倉の生活・文化・宗教を一つ一つまとめていきましょう。

スポンサーリンク

鎌倉時代の特色

まず初めに、鎌倉時代の特色を簡単にまとめると、鎌倉幕府は源頼朝が開き、東北の平泉では、奥州藤原氏が栄え中尊寺金色堂が建てられました。また、御恩と奉公の関係もこの時代に確立しました。白河上皇の院政もこの時代です。

生活

最初は生活からまとめていきましょう。

武士の生活

武士の生活は簡単にまとめると..
御成敗式目北条泰時が制定したことにより、武士の生活にあった法律が定められました。またのこの法律は、執権政治を促進させるためでもありました。

民衆の生活

民衆は、この時代、二毛作や鉄の農具が使われ始めたことにより農業が活性化しました。その他に、この時代、農村では、手工業が発達し、定期市が開かれるようになりました。

文化

鎌倉時代の文化は、一つ一つ重要な単語でまとめていきます。
新古今和歌集…新古今和歌集は、後鳥羽上皇により編集された、第八番目の勅撰和歌集。
方丈記…方丈記は、3大随筆とも称される随筆で、鴨長明によって記された。
金剛力士像…金剛力士像とは、彫刻家の運慶によって力強く彫刻された作品。またこの時代、源平の争乱によって焼失されていた東大寺も鎌倉の民衆の寄付によって再建された。
平家物語…平家物語とは、源平の争乱の武士の活躍を琵琶法師などによって語り継がれた軍記物。
徒然草…徒然草とは、兼好法師(吉田兼好)によって書かれたこの時代の民衆の姿。3大随筆の一つ。
関連文学史

宗教

この時代の宗教は、おもに仏教の教えが大いに広まりました。それぞれを一つ一つ表にしてまとめてみましょう。

宗教 人物 教え
浄土宗 法然 「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることで、だれもが極楽浄土に生まれ変われる。
浄土真宗 親鸞 阿弥陀如来の救いを信じる心を強調した教え。
時宗 一遍 念仏の札を配って念仏の教えを広めた。
日蓮宗 日蓮 法華経の(南無妙法蓮華経)を唱えると人も国も救われる。
禅宗 栄西・道元  座禅によって自分の力で悟りを開く。

まとめ

今回の内容は、比較的覚える内容が多く、テストでも出る際は一部かもしれませんが、テストでは完ぺきにできるよう頑張りましょう。

ついでに見直し

  • 中学理科 地理 国際社会の仕組み《まとめ》
  • 中3社会 歴史 第一次世界大戦と日本《練習問題》
  • 中学社会 歴史 産業の発展と江戸幕府の動き
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。