シェアする

中学理科 地球と宇宙 [太陽系]《練習問題》

シェアする

今回まとめる内容は、主に、中学三年生で勉強する、地球と宇宙の内容です。この内容は、三年生の中でも、最後の方に勉強するため、テストや入試でもよくできると思いますが、その分、ミスをすると、もったいないので一つ一つ完璧にする必要があります、なので今回は、ノートやペンがなくても電車の中でも勉強できるよう、しっかり出題していきます。

スポンサーリンク

練習問題

(1)
問題1.
太陽を中心として運動している天体の集まりの名称をなんというか。
問題2.
「問題1」を構成する海王星よりも外側の起動を好転する天体の総称をなんというか。
問題3.
「問題1」の惑星で、小型で主に岩石からなるため密度が小さいものの名称をなんというか。
問題4.
「問題3」の4つの惑星の名称を太陽に近いものから順に答えろ。
問題5.
「問題1」の惑星で、大型で主に気体からなるため密度が小さいものの名称をなんというか。
問題6.
「問題5」の4つの惑星の名称を太陽に近いものから順に答えろ。
問題7.
「問題1」の惑星の太陽からの距離と公転周期の関係を説明せよ。
問題8.
惑星のまわりを公転している小さな天体の名称をなんというか。
問題9.
火星と木星の軌道の間にある、岩石でできた天体の名称をなんというか。
問題10.
「問題9」のうち、日本の探査機「はやぶさ」の探査対象となったものの名称をカタカナで答えろ。
問題11.
氷や細かいチリでできており、太陽の周りを細長い楕円軌道(だえんきどう)で回るものの名称をなんというか。
問題12.
おもに「問題11」から放出された塵が地球の大気とぶつかって光る現象をなんというか。
(2)
問題1.
光が一年かかって進む距離で、天体までの距離を表す単位の名称をなんというか。
問題2.
天体(恒星)の明るさの表し方の名称をなんというか。
問題3.
宇宙にある恒星の集まりの名称をなんというか。
問題4.
宇宙にあるガスや塵が集まって、恒星に照らされて観察される天体の名称をなんというか。
問題5.
太陽系が所属する、数千億個の恒星からなる、渦を巻いた薄い円盤状のものの名称をなんというか。
問題6.
「問題5」のさらに外側にある、「問題5」と同じように、恒星が数十億個から数千億個、ときには一兆個以上も集まっている恒星の大集団の名称をなんというか。

答え

(1)
問題1.太陽系
問題2.太陽系外縁天体
問題3.地球型惑星
問題4.水星、金星、地球、火星
問題5.木星型惑星
問題6.木星、土星、天王星、海王星
問題7.太陽からの距離が早いほど公転周期が長い。
問題8.衛星
問題9.小惑星
問題10.イトカワ
問題11.彗星(すいせい)
問題12.流星
(2)
問題1.光年
問題2.等級
問題3.星団
問題4.星雲
問題5.銀河系
問題6.銀河

まとめ

今回まとめた内容は、主に、地球と宇宙 [太陽系]《練習問題》でした。この内容は勉強したばかりでは簡単だったかもしれませんが。入試までは少し期間があったりするので何度も勉強して見直しましょう。

ついでに見直し

  • 中学理科 地球と宇宙[月と金星、太陽の変化]《練習問題》
  • 中2理科 細胞のつくりと働き〈まとめ〉
  • 中3理科 熱エネルギーの移動まとめ
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。