シェアする

中学理科 地球と宇宙[月と金星、太陽の変化]《練習問題》

シェアする

今回まとめる内容は、主に、中学三年生で勉強する、地球と宇宙の内容です。この内容は、三年生の中でも、最後の方に勉強するため、テストや入試でもよくできると思いますが、その分、ミスをすると、もったいないので一つ一つ完璧にする必要があります、なので今回は、ノートやペンがなくても電車の中でも勉強できるよう、しっかり出題していきます。

スポンサーリンク

練習問題

(1)
問題1.
月の見た目の形の変化の名称をなんというか。
問題2.
月が地球の周りを動いていくことの名称をなんというか。
問題3.
地球からは月の裏側が見えないのはなぜか。
問題4.
太陽が月に隠れて、太陽の一部又は太陽の全部がかけることをなんというか。
問題5.
「問題4」が起こる月の名称をなんというか。
問題6.
「問題5」から次の満月までに見られる半月の名称をなんというか。
問題7.
満月から次の「問題5」に見られる半月の名称をなんというか。
問題8.
「問題4」のうち、太陽全体が太陽に隠される場合の名称をなんというか。
問題9.
「問題4」のうち、月の外側に太陽がはみ出して細い光の輪が見える場合の名称をなんというか。
問題10.
満月の一部または全部が欠けることの名称をなんというか。
問題11.
「問題10」が起きる理由を説明せよ。
(2)
問題1.
太陽のように自ら光を出している天体の名称をなんというか。
問題2.
「問題1」の周りを公転し、自ら光を出さず「問題1」からの光を反射して光っている天体の名称をなんというか。
問題3.
「問題2」のうち、金星のように地球より内側を公転しているものの名称をなんというか。
問題4.
金星の別名を2つ答えろ。また、それぞれの見える時間と方位を書け。
(3)
問題1.
太陽を天体望遠鏡で観察すると見える、黒いシミのようなものの名称をなんというか。
問題2.
「問題1」が黒く見えるのはなぜか。
問題3.
「問題1」の数が多いと、地球にはどのような影響がもたらされるか。2つ答えろ。
問題4.
「問題1」の数が少ないと、地球の気温にはどのような影響が及ぼされるか。
問題5.
太陽を毎日観察すると、「問題1」の位置が東から西へ動いていることがわかる。このことから、太陽の運動について、どのようなことがわかるか。
問題6.
太陽を毎日観察すると、「問題1」の形が変形していくことがわかる。このことから太陽の形について、どのようなことがわかるか。

答え

(1)
問題1.月の満ち欠け
問題2.月の公転
問題3.月の公転周期と自転周期が同じだから。
問題4.日食
問題5.新月
問題6.上弦の月
問題7.下弦の月
問題8.皆既日食
問題9.金環日食
問題10.月食
問題11.月が地球の影に入るから。
(2)
問題1.恒星
問題2.惑星
問題3.内惑星
問題4.明けの明星:明け方の東の空、宵の明星:夕方の西の空
(3)
問題1.黒点
問題2.表面の温度がまわりより低いため
問題3.電波障害が起きる。:オーロラが見える。
問題4.寒冷化する。
問題5.太陽が西から東へ自転していること。
問題6.太陽が球体であること。

まとめ

今回まとめた内容は、主に、地球と宇宙[月と金星、太陽の変化]《練習問題》でした。この内容は勉強したばかりでは簡単だったかもしれませんが。入試までは少し期間があったりするので何度も勉強して見直しましょう。

ついでに見直し

  • 中学理科 地球と宇宙 [太陽]《練習問題》
  • 中学理科 入試対策単語問題集《気象》
  • 中1理科 火山まとめ
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。