シェアする

中学理科 地球と宇宙 [太陽]《練習問題》

シェアする

今回まとめる内容は、主に、中学三年生で勉強する、地球と宇宙の内容です。この内容は、三年生の中でも、最後の方に勉強するため、テストや入試でもよくできると思いますが、その分、ミスをすると、もったいないので一つ一つ完璧にする必要があります、なので今回は、ノートやペンがなくても電車の中でも勉強できるよう、しっかり出題していきます。

スポンサーリンク

練習問題

問題1.
太陽が昼頃南の空で最も高く登ることをなんというか。
問題2.
「問題1」のときの太陽の高度をなんというか。
問題3.
「問題1」の位置が季節によって変化するのはなぜか。(簡潔に書け)
問題4.
太陽の一日の動きをなんというか。
問題5.
天体が大きな丸いてんじょうを移動しており、それが地平線の下にも続いていると考えた大きな球面をなんというか。
問題6.
観測者の真上の点なんというか。
問題7.
北極星をほぼ中心として、反時計回りに回る星の動きをなんというか。
問題8.
地球が地軸を軸として、西から東約一日一回転することをなんというか。
問題9.
「問題8」から、星は、一時間あたり何度ずつ動いて見えるか。
問題10.
地球が太陽の周りを一年で一回転することをなんというか。
問題11.
「問題11」から、真夜中(午後0時)に同じ星座が見える方角は、一ヶ月で何度ずつどちらの方向に動いて見えますか。
問題12.
天球上での太陽の通り道をなんというか、また、読み仮名をなんという。

答え

問題1.太陽の南中
問題2.南中高度
問題3.地軸が傾いているため。
問題4.太陽の日周運動
問題5.天球
問題6.天頂
問題7.星の日周運動
問題8.地球の自転
問題9.15°
問題10.公転
問題11.30°ずつ西に動いて見える
問題12.黄道、こうどう

まとめ

今回まとめた内容は、主に、中学理科 地球と宇宙《練習問題》でした。この内容は勉強したばかりでは簡単だったかもしれませんが。入試までは少し期間があったりするので何度も勉強して見直しましょう。

ついでに見直し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。