シェアする

中学社会 《公民》入試対策(現代社会~三権分立)単語テスト

シェアする

今回まとめる内容は、主に、入試対策抜き打ち単語テストです。この内容は、入試に向けて一段と実力を上げるため。一つ一つの単語を完璧にまとめていきましょう。

スポンサーリンク

テスト

①人や物、資金、情報などが国境を越えて広がり、世界が一体化していく動き。
②高齢者や障がいのある人があ生活する上での障壁を取り除こうす考え方。
③基本的人権のうち、教育を受ける権利や勤労の権利など、人間らしく生きる権利。
④③のうち、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利。
⑤個々の利益をこえた、社会全体の利益。
⑥開発を行うにあたって、環境にどのような影響を与えるかを事前に調べる調査。
⑦個人の秘密や情報を、他人から侵害をされないよう守る権利。
⑧選挙制度のうち、一つの選挙区から一人を選出する制度。
⑨選挙制度のうち、得票に応じて、各政党に議席が配当せれる制度。
⑩選挙によって、議員の一人あたりの有権者の数に格差が生じる問題。
⑪国権の最高機関で、唯一の立法機関。法律の制定などを行う。
⑫2つの議会があるうち、解散がある議会。
⑬2つの議会があるうち、3年ごとに半数を改選する議会。
⑭⑫の解散後の総選挙の後、30日以内に開かれる国会。
⑮行政権を持つ機関。予算・法律案の作成、条約の締結などを行う。
⑯⑪が、⑮の信任の基に成立し、⑮に対して連帯して責任を負う仕組み。
⑰⑪にだけある権限で、⑮を信任しないという意思表明。
⑱刑事事件において、被疑者を被告人として裁判所へ起訴する人。
⑲国民の視点や感覚を裁判に反映させるため、国民が重大な犯罪の刑事裁判に参加する制度。
⑳最高裁判所の裁判官について、適任かどうか国民が投票で判断する制度。
⑳法律などが憲法に違反していないかを判断する制度。

答え

①グローバル化
②バリアフリー
③社会権
④生存系
⑤公共の福祉
⑤環境アセスメント
⑦プライバシーの権利
⑧小選挙区制
⑨比例代表制
⑩一票の格差
⑪国会
⑫衆議院
⑬参議院
⑭特別会(特別国会)
⑮内閣
⑯議院内閣制
⑰内閣不信任(の)決議
⑱検察官
⑲裁判員制度
⑳国民審査

まとめ

今回まとめた内容は、主に、入試対策(現代社会~三権分立)単語テストでしたが、できましたか。この内容は、三年生の最初に勉強するため最後には忘れることが多いです。しかし、テストにもよく出題せれるので、頑張って覚えましょう。また、この内容は、単語も多いので一つ一つ完璧に覚えるのが必須です。

  • 公民 新しい人権
  • 公民 《三権分立》まとめ
  • 中学社会《歴史》 日本の外交・経済まとめ
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。