シェアする

中学国語 漢字(難関編)まとめ

シェアする

今回まとめる内容は、主に、漢字の難関編です。この内容は、苦手な人が多く点数が意外と取れない内容です。しかし入試の本番や学校のテストで取れないともったいないです。なので、今回は漢字の中でも少しだけ応用の漢字をまとめます。しかし、漢字は何度も繰り返し書いて覚えないと身につかないので何度も繰り返し練習して完璧にしましょう。

スポンサーリンク

漢字練習(難関)

1.同じ訓を持つ漢字から、太字似合うものを選んで書こう。
①「訪・尋」
ア 学生寮に住む兄をたずねる
イ 友達に明日の予定をたずねる
②「搾・絞」
ア 雑巾をしぼる
イ ヤギの乳をしぼる
③「技・業」
ア 柔道のわざが決まる。
イ ピエロが軽わざを披露する。
④「売・得」
ア 彼の話は教訓に富み、うるところが大きい。
イ とれたての野菜を地元でうる
2.次の太字に合う熟語を「 」から選べ。
①「普及・不朽」
ふきゅうの名作を読み、感動する。
②「童謡・動揺」
音楽の授業でどうようを歌う。
③「意匠・衣装」
細かいいしょうが施された器。
④「変更・偏向」
開発計画にへんこうが生じる。
⑤「表彰・表象」
階画のコンクールでひょうしょうされる。
⑥「症例・奨励」
地産地消をしょうれいする。
⑦「羞恥・周知」
しゅうちにあまり、赤面する。
3.次の太字の言葉を「 」の漢字を使って書け。
①「幸・箸」
新鮮な海のさちに、はしが進む。
②「褒・賜」
宗教の先生から、おほめの言葉をたまわる
③「嗅・香・和」
花のかおりかいで気分がやわらいだ
④「厳・包・辺」
あたりおごかな空気につつまれた
⑤「盛・咲」
各地で花がさき、春もさかりだ。
4.次の太字の言葉を読め。
貪欲に学ぼうとする姿勢。
②応募の必須条件を確認する。
③昼食に麺類を食べに行く。
恣意的な判断に批判する。
⑤この方法は汎用性が高い。
⑥クラスの親睦を深める。
辛辣な意見を聞く。
⑧悪天候が続き、憂鬱な気分になる。
怨念にまつわる伝説。
船舶の操縦免許を取得する。
収賄の疑いがある。

答え

1.
①ア訪れる・イ尋ねる
②ア絞る・イ搾る
③ア技・イ業
④ア得る・イ売る
2.
①不朽
②童謡
③意匠
④変更
⑤表彰
⑥奨励
⑦羞恥
3.
①幸、箸
②お褒め、賜る
③香り、嗅いで、和らいだ
④辺り、厳かな、包まれた
⑤咲き、盛り
4.
①どんよく
②ひっす
③めんるい
④しい
⑤かつよう
⑥しんぼく
⑦しんらつ
⑧ゆううつ
⑨おんねん
⑩せんぱく
⑪しゅうわい

まとめ

今回まとめた内容は、漢字練習の難関編でした。この内容は、テストで出題されることも多く、この内容が一番といえるほど得点が取りやすいです。しかし、何度も練習しないと覚えにくいので、何度も練習して完璧にしてテストに臨みましょう。

まとめ

  • 中学国語 同訓異字(読みが同じ漢字)練習問題
  • 国語 [古文]難しい語《読み方+意味》
  • 中学国語 漢字(応用編)まとめ
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。