シェアする

中学社会《歴史》 日本の外交・経済まとめ

シェアする

今回まとめる内容は、主に、日本の外交・経済の内容です。この内容は、中学校で勉強する歴史の中でも特に覚えにくい内容の外交・経済です。また、日本の外交・経済は歴史の流れを覚える上でとても大切になります。なので、この内容を、覚えることで人物や文化まで掴むことができます。この内容を一つ一つ覚えていきましょう。

スポンサーリンク

日本の外交・経済

  • 57年
    →倭の奴国王(なのこくおう)が後漢(ごかん)に使いを送る
  • 239年
    →邪馬台国の卑弥呼に使いを送る
  • 478年
    →倭王武が中国の南朝に使いを送る→百済から仏像・経典が送られる。
  • 607年
    小野妹子遣隋使として(隋に)派遣する
  • 701年
    大宝律令班田収授法が整う。
  • 743年
    墾田永年私財法が出る。
  • 894年
    遣唐使が廃止される。
  • 12世紀末
    平清盛日宋貿易を行う。
  • 1232年
    →北条泰時が御成敗式目を定める。
  • 1274年・1281年
    →元の軍隊が襲来する。元寇
  • 1404年
    勘合貿易が始まる。
  • 1543年
    ポルトガル人が鉄砲を伝える。
  • 1549年
    ザビエルがキリスト教を伝える。
    南蛮貿易が始まる。
  • 1577年
    織田信長が楽市・楽座を行う。
  • 1582年
    →天正遣欧少年使節団(てんしょうけんおうしょうねんしせつだん)が出発する。
    豊臣秀吉が太閤検地を行う。
  • 1592年
    豊臣秀吉が朝鮮侵略を始める。
    朱印船貿易が行われる。
  • 1637年
    島原・天草の一揆が起こる。
  • 1641年
    →オランダ商館を長崎の出島に移す。→鎖国の完成
  • 1825年
    異国船打払令が出る。
  • 1853年
    ペリーが浦賀に来航する。
  • 1854年
    日米和親条約を結ぶ=開国
  • 1858年
    日米修好通商条約を結ぶ。
  • 1873年
    地租改正が行われる。
  • 1901年
    八幡製鐵所が操業開始。
  • 1914年
    第一次世界大戦が始まる→大戦景気
  • 1918年
    米騒動が起こる。
  • 1929年
    世界恐慌が起こる。
  • 1945年
    農地改革→地主制度の解体。
    財閥解体→経済の民主化。
  • 1950年
    朝鮮戦争特需景気
  • 1973年
    石油危機高度経済成長期の終わり。

まとめ

今回まとめた内容は、主に、日本の経済・外交でした。この内容は、私立入試・公立入試でよく出題され、その他にも問題を解く上で大切になってきます。なので、上にもあったとおりこの内容はとても大切なので何度も勉強し直して完璧にしましょう。

ついでに見直し

  • 中学社会 歴史 重要人物
  • 中学社会 歴史 日本の政治まとめ
  • 中学社会 歴史 戦争《日本の開国~》
  • %d人のブロガーが「いいね」をつけました。