シェアする

中2理科 細胞のつくりと働き〈まとめ〉

シェアする

今回まとめる内容は、主に、二年生で勉強する細胞のつくりと働きの単元です。この単元は、単語の量が他の単元と比べて多い単元です。しかし、単元の中でも基礎なので高校入試では出題されやすい問題です。一つ一つ丁寧に覚えて完璧に仕上げましょう。

スポンサーリンク

細胞のつくりと働き


→核とは、植物や動物それぞれの細胞にある。また、酢酸カーミン液などの染色体に染まりやすい。
細胞質
→細胞質とは、細胞の中の核のまわりの部分。
細胞膜
→細胞膜とは、細胞質の一番外側にある薄い膜のこと。
細胞壁
→細胞壁とは、植物の細胞にしか存在しない、細胞膜の外側にある(一番外側)にある丈夫なもの。植物の体を支えるのに役立っている
葉緑体
→葉緑体とは、植物の細胞の中にある緑色の小さな粒光合成を行う。
液胞
→液胞とは、植物の細胞にある、不要な物質や貯蔵物質を含むを液を蓄えた部分。
単細胞生物
→単細胞生物とは、一つの細胞だけで体ができている生物。
多細胞生物
→多細胞生物とは、単細胞生物と反対に多くの細胞から体ができている生物。
器官
→器官とは、動物の胃植物の葉のように、多細胞生物の体の中で特定の働きを持っている部分。
組織
→組織とは、小腸の筋組織や葉の表皮組織のように、形や働きが同じ細胞が集まったもの。また、器官のもとは組織がいくつも集まったもの。

基礎の問題

ある程度上の内容は、身についたと思うので、一度問題を解いて整理してみましょう。
1.動物の細胞には見られない、植物の体を支えている働きの部分をなんというか。
2.一つの細胞から体ができている生物をなんというか。
3.植物の茎や動物の血管のような特定の働きの部分のことをなんというか。
4.動物の細胞にも植物の細胞にも共通にある部分は何と何か。
5.形や働きが同じ細胞の集まりが更に集まってできているものをなんというか。

答え

1.細胞壁
2.単細胞生物
3.器官
4.核と細胞膜
5.組織

まとめ

今回まとめた内容は、比較的基礎の内容で、簡単だったかもしれません。しかし簡単なところこそテストでは、絶対に落とせません。なので、一つ一つ確実に覚えてテストで高得点取れるようにしましょう。また、この単元の内容は、次の単元やその後の内容につながります。なので、この単元を完璧にして高校入試でもしっかり点数を取りましょう。

ついでに見直し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。