シェアする

中3理科 太陽系と銀河系

シェアする

今回まとめる内容は、主に、太陽系と銀河系の単元です。この単元は、似たような単語が多く、一つ一つ覚えるのが大変です。苦手な人も他の単元に比べて多いため得点も多く取れる人が少ないです。なので今回は、太陽系と銀河系の単元を、深く掘り下げて完璧になるまでしっかり勉強しましょう。

スポンサーリンク

太陽系

太陽
→太陽とは、恒星であり、高温の気体からできていて、太陽自ら光や熱を宇宙空間に放射している。
黒点
→黒点とは、太陽に見える黒いシミのようなもの。(黒点は、約4000°C)
太陽系
→太陽系とは、宇宙で決まった動きをしている天体の中でも太陽を中心として運動している天体の集まりのこと。

惑星や衛星

惑星
→太陽系で一つしかない恒星である太陽に対して、惑星とは、太陽系に8つあり、惑星は自ら光や熱を放射することのない天体。(惑星-水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つ)

  • 地球型惑星
    →地球型惑星とは、惑星の中の種類で主に、小型であり岩石からできている。またそれらは比較的密度が大きい。(地球型惑星-水星、金星、地球、火星)
  • 木星型惑星
    →木星型惑星とは、地球型惑星と違い主に、大型であり気体からできている。またそれらは比較的密度が小さい。(木星型惑星-木星、土星、天王星、海王星)

衛星
→衛星とは、惑星のまわりを公転している小さな天体のこと。
小惑星
→小惑星とは、太陽の周りをまわっている岩石でできた小さな天体。
彗星
→彗星とは、氷と細かなチリでできた天体。
流星
→流星とは、主に彗星から放出されたチリが地球の大気とぶつかって光る現象のこと。

銀河系

星団
→星団とは、恒星が集まったもの。
星雲
→星雲とは、ガスや塵が集まって、恒星に照らされて観測される天体。
銀河系
→銀河系とは、太陽系や星座を作る星々が属する、数千億個の恒星からなる集団。
銀河
→銀河とは、恒星が数十億個から1兆個以上集まっている大集団。

まとめ

今回まとめた内容は、太陽系と銀河系でした。この内容は、ほかの単元に比べて比較的内容が深くて点数もなかなか取れない単元です。しかし、この単元でしっかり点数を取れたらだいぶ理科自体の得点も安定すると思います。なので、何度も練習をしてしっかり身につけましょう。またこの単元では「天体の動き」や「天体の一年の動き」、「月と惑星の運動」でのきそがとても大切になってきます。基礎からしっかりまとめましょう。

ついでに見直し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。