シェアする

中学理科 法則とその内容まとめ

シェアする

今回まとめる内容は、主に理科の法則のまとめです。それらの法則は理科の問題を解くうえで役に立ったり、直接問題に出題されたりすることがあります。なので一つ一つ単元を完璧にするか法則に限ってすべてまとめることが必要になります。また、私立高校でもテストに出ることがよくあります。なので、今回は一つ一つまとめて完璧にしていきましょう。

スポンサーリンク

中学一年生

初めに、中学一年生の内容からまとめます。それでは集中していきましょう。

身近な物理現象

  • 反射の法則
    →反射の法則とは光の性質で出法則で「入射角=反射角」を表している
  • フックの法則
    →フックの法則とは名前だけ見てもわからないと思います。フックの法則とは、ばねやゴムのような弾性を持つ物体の変形の大きさが加えた力に比例する関係

中学二年生

次に、中学二年生の内容です。

物質の成り立ち

  • 質量保存の法則
    →質量保存の法則とは、物質が化学変化を起こすときの全体の質量のことで化学変化が起きる前後の質量は変化しない

電流とその利用

  • オームの法則
    →オームの法則とは、回路の抵抗を流れる、電流と電圧の大きさの関係を表す法則。電流の大きさはiは電圧の大きさvに比例する

中学三年生

最後に、中学三年生の内容です。

生命のつながり

  • 分離の法則
    →分離の法則とは、になっている親の代の遺伝子が、減数分裂によって染色体とともに移動し、それぞれ別の生殖細胞(母親の場合卵細胞、父親の場合は精細胞)に入ること。

まとめ

今回まとめた内容は主にいろいろな単元の法則でしたが、今回は数も意外と少なく、比較的簡単でした、なので、今回まとめたところは確実に覚えてテストでも点数が簡単に取れる得意教科にしましょう。

ついでに見直し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。