シェアする

中2理科 動物の仲間 節足動物・軟体動物

シェアする

今回まとめる内容は、主に、動物の仲間です。動物の中でも今回は節足動物・軟体動物です。この単元は入試まで覚えている人も少なく点数がみんな思いのほか取れていません。なので今回は、そういったみんなが苦手な範囲を完璧にしていきましょう。

スポンサーリンク

節足動物

節足動物とは、カブトムシやバッタ、カニなども含まれます。これらは、身近かにもいると思います。また、節足動物は、全て脚に節のがたくさんあり、人間などセキツイ動物とは違い背骨がなく外側が殻に包まれています。

  • 外骨格…外骨格とは、上でも説明したように体全体を覆っている殻のことで、2つの役割があります。1つ目は、体全体を支える役割があり2つ目は、体内部を保護する役割です。
  • 節足動物…節足動物とは、上でも説明した通り体が多くの節でできている動物のことです。
    • 甲殻類…甲殻類とは、節足動物の中でもザリガニやカニ、エビなどのことです。
    • 昆虫類…昆虫類とは、節足動物の中でもバッタや蝶などののことです。

    また、そのほかにもクモやサソリなどのクモ類、ムカデ類、ヤスデ類などがあります。その中でも、昆虫類はたくさんの種類があり水中で生活するもの、陸上で生活するもの、陸上の土の中にも生活しています。昆虫は、3つの部位、「頭部」「胸部」「腹部」があり、気門があります。昆虫は気門から空気を取り入れて呼吸しています。また、節足動物の特徴として、節足動物の外骨格は大きくならないため、脱皮をして古い外骨格を脱ぎ捨てています。

    軟体動物

    軟体動物とは、簡単に説明すると硬い骨のない柔らかい動物のことで、主に、イカやタコ、アサリなどがその仲間に含まれます。

  • 軟体動物…軟体動物とは、上でも説明したように、イカ、タコ、貝殻を持つシジミ、タニシ、マイマイなどのことで柔らかい動物です。
  • 外とう膜…外とう膜とは、主に、軟体動物の内臓を包み込む柔らかい膜のことです。

    イカの体のつくり

    イカの体のつくりは主に、2つの大きな特徴的なつくりがあります。

    1つ目は、移動の方法です。イカは、移動する際、外とう膜の淵から海水を取り込み、ろうとから噴き出すことで反作用を使い移動しています。

    2つ目は、食物のとらえ方です。イカは、食物を捉える際、脚(腕)を使い、足には吸盤があり食物を捕る際に役立てています。

    また、軟体動物はえらで呼吸するものとハイで呼吸するもの一貫して決まりはありません。

    まとめ

    今回まとめた内容は、主に、動物の仲間でしたが、しっかり理解できましたか。苦手な人も多いと思うので、完璧になるまで継続して勉強し続けましょう。

    ついでに見直し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。