シェアする

中学社会 日本地理[日本の地形・気候]まとめ

シェアする

今回まとめる内容は、前に1つずつまとめた内容を1つにまとめて重要な部分をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク

《日本の気候と自然災害》

世界と比べた日本の気候

  • 熱帯
  • 乾燥帯
  • 温帯本州・四国・九州
  • 寒帯
  • 亜寒帯(冷帯)…北海道

日本の気候帯の特徴

  • 温暖湿潤気候日本が属する気候区降水量が多い
  • 西岸海洋性気候…降水量の差が小さい。
  • 地中海性気候…降水量が冬が多くて、夏が短い。

《日本の地形–平野と海流》

  • 扇状地のまとめ
    水はけ…良い(大きめの砂利などが多いため)
    利用方法…水を多く使わない果樹園(水がすぐなくなるため)
  • 三角州のまとめ
    水はけ…悪い(小さい粒の砂や泥が多いため)
    利用方法…水を多く使う水田(水が残るため)
  • 台地のまとめ
    水が得にくい
    利用方法…茶畑、住宅地などに利用

暖流

  • 黒潮(日本海流)…この流れは日本の下(太平洋側)を通り南から流れる海流。
  • 対馬海流…この流れは日本の上(日本海側)を通り南から流れる海流。

寒流

  • 親潮(千島海流)…この流れは日本の東(太平洋側)を通り北から流れる海流。
  • リマン海流…この流れは日本の西(日本海側)を通り北から流れる海流。

《日本の地形–山地》

  • 山地 まとめ
    造山帯アンデス山脈、ロッキー山脈、日本列島
    環太平洋造山帯、アルプス・ヒマラヤ造山帯
    日本アルプス飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈
    フォッサマグナ

まとめ

今回まとめた内容は、地理の中でも覚えにくくテストでも得意 不得意に分かれます。なので、完璧にしてテストでも良い点数をとりましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。