シェアする

中学社会 《歴史》3つの貿易と比較

シェアする

今回まとめる内容は、平安時代、室町時代、江戸時代の貿易です。これらの内容は私は比較的苦手でした。理由は覚えても新しい内容が入るからですぐ忘れてしまいます。なので、古い内容はしっかり忘れないよう見直ししましょう。

平安時代

最初は平安時代からいきます。

貿易

  • 貿易名…日宋貿易

《貿易相手》宋 《港》神戸
《輸入》宋銭 《輸出》砂金

このころの日本の出来事

  • 平清盛が日本初の太政大臣になる。
  • 桓武天皇により都が平安京に遷都する。
  • 藤原氏摂関政治をはじめる。
  • 最澄空海たちの時代。

室町時代

次に室町時代をまとめていきましょう。

貿易

  • 貿易名…日明貿易(勘合貿易)

《貿易相手》明
《輸入》銅銭、生糸 《輸出》銅、硫黄

  • 細川氏山名氏の権力争いが起こる。
  • 上の結果、下克上の世へと変化。
  • 馬借問丸が盛んになる。

貿易

  • 貿易名…南蛮貿易

《貿易相手》ポルトガル 《港》鹿児島、平戸、府内
《輸入》鉄砲、生糸 《輸出》銀、海産物

このころの日本の出来事

  • 細川氏山名氏の権力争いが起こる。
  • 上の結果、下克上の世へと変化。
  • 馬借問丸が盛んになる。
  • 定期市が発達する。
  • 北山文化東山文化が確立する。

江戸時代

最後に江戸時代をまとめていきましょう‼︎

貿易

  • 貿易名…朱印船貿易

《貿易相手》東南アジア
《輸入》生糸、香料 《輸出》なし

このころの日本の出来事

  • 朱印状を使って貿易を進める。
  • 徳川家光参勤交代の制度を作る。
  • 農業を効率よく行うために農具の開発が進んだ。

まとめ

今回まとめていった内容は、最初にも言いましたが、私も苦手で覚えるのに苦労しました。なので、しっかりと復習勉強を欠かせずに行いましょう。また、この内容は覚えにくい単元なのでテストにも出ます。テストの点数を上げるためにも頑張りましょう‼︎

ついでに見直し