シェアする

覚えておきたい‼︎日本地理《日本の地形–平野と海流》

シェアする

今回まとめる日本地理日本の地形です。ここの単元は比較的難しいわけではないですが、実用的で覚えて損はありません。また、テストに出た時はほとんどの人が忘れているのではないでしょうか。そういった単元でもしっかり点数を取ることによって学校での評価が上がるので頑張って覚えましょう。

日本の平地

日本の平野の特徴は、比較的盆地や山地は多いですが、それらに比べて平地はとても面積が小さいのが日本の特徴です。また日本の川の特徴は、他の国に比べて流域面積が小さく短いのが特徴です。しかし、日本の川は他の国と比べて急斜面を流れています。そのため、日本の川は上流部で山を削り、削った土砂を下流に運び、流れの緩やかなところに土砂が溜まるような仕組みになっています。

  • 侵食↓
  • 運搬↓
  • 堆積
盆地

日本の平野の種類

日本の平野の種類は、大きく分けて3つあります。1つ目は山を抜けた川が分かれた川が流れ続けたときにできる土地でそれを扇状地という。2つ目は、川から海に出る水が分かれて流れ続けることでできる土地を三角州という。また、普通の平野より一段高い作りの土地を台地という。

扇状地のまとめ
水はけ…良い(大きめの砂利などが多いため)
利用方法…水を多く使わない果樹園(水がすぐなくなるため)
三角州のまとめ
水はけ…悪い(小さい粒の砂や泥が多いため)
利用方法…水を多く使う水田(水が残るため)
台地のまとめ
水は得にくい。
利用方法…茶畑、住宅地などに利用

日本の海流

日本は、島国なので数々の島が存在します。なので当然漁獲量や海岸の形は違います。なのでその内容をまとめていきたいと思います。

日本の海岸

日本の海岸のほとんどが山地に海が迫った形の海岸ですが、一部の海岸ではリアス式海岸という岬と湾が繰り返すノコギリ型のような形です。このようなリアス海岸は船が入りやすいため貿易や漁業に向いています。また、今の日本では自然とある海岸だけでなくコンクリートの護岸でできた。人口海岸も増えてきています。埋め立てをしてつくった港や工業地帯、干拓によってつくられた農地がある。

日本の周りの海流

日本を周りの海流は様々な海流があり、それぞれの 海流がぶつかるところに魚が集まったりします。そのためその付近の地域では、漁業が盛んであったりします。
暖流

  • 黒潮(日本海流)…この流れは日本の下(太平洋側)を通り南から流れる海流。
  • 対馬海流…この流れは日本の上(日本海側)を通り南から流れる海流。

寒流

  • 親潮(千島海流)…この流れは日本の東(太平洋側)を通り北から流れる海流。
  • リマン海流…この流れは日本の西(日本海側)を通り北から流れる海流。

まとめ

今回まとめた内容は特に難しいわけではないですが、覚えにくい内容です。しっかりとまとめて点数を取れるようにしましょう。

ついでに見直し