シェアする

覚えておきたい‼︎日本地理《日本の地形–山地》

シェアする

今回まとめる日本地理日本の地形です。ここの単元は比較的難しいわけではないですが、実用的で覚えて損はありません。また、テストに出た時はほとんどの人が忘れているのではないでしょうか。そういった単元でもしっかり点数を取ることによって学校での評価が上がるので頑張って覚えましょう。

日本の山地

日本の山地といわれたらイメージがつくと思いますが、火山が他の国と比べてものすごく多い国です。特にオーストラリアなどで火山がほとんどありません。なので日本の地形を聞かれたら山地などを多く思い浮かべると思います。理由は、日本の国土面積の75%は、山地でできているからです。

造山帯

造山帯とは、山地や山脈が多くつらなっているもののことです。例えば、アンデス山脈ロッキー山脈日本列島などです。これらの造山帯は、太平洋を一周取り囲むようにして位置しています。これら造山帯を2つに分けると、環太平洋造山帯アルプス・ヒマヤラ造山帯の2つになります。

日本の山地の種類と性質

日本は、土地のほとんどが山地のためその分たくさんの種類がある。

山地の種類

日本の基本的な、山脈は日本アルプスというものからなっています。日本アルプの代表的な3つとは、北から順に飛騨山脈木曽山脈赤石山脈です。この3つの山脈はよくテストに出るのでしっかり順番まで覚えましょう‼︎

山地の性質

日本の山脈の性質としては、フォッサマグナがあります。フォッサマグナとは、簡単に説明すると日本の山脈を半分に分ける線です。この線は、日本アルプスのすぐ東の折れ曲がった線のことです。山地や山脈はその線(フォッサマグナ)を境に方向が違い、フォッサマグナより東北日本ではほとんど南北方向に、フォッサマグナより西南日本ではほとんどが東西方向に並んでいる。

山地の利用

現在の日本では、そういった火山を利用した発電(地熱発電)が増えてきています。また、火山の地下熱を利用した温泉や観光資源などの開発も進んでいます。

山地 まとめ
造山帯
アンデス山脈ロッキー山脈、日本列島
環太平洋造山帯アルプス・ヒマラヤ造山帯
日本アルプス
飛騨山脈木曽山脈赤石山脈
フォッサマグナ

まとめ

今回まとめた内容は、比較的簡単で似たような単語が多いですが、はっきり言って3年生などになると忘れています。最後まで覚えられるようにしっかり見直ししましょう。

ついでに見直し