シェアする

公民 《三権分立》まとめ

シェアする

今回まとめる内容は国の仕組みと3つの国も機関(三権)です。今回の内容は公民の中でも特に重要となってくる内容です。ですが、この内容はよくテストに出てくる内容で難しくなっていますなので。今まで以上に詳しく勉強する必要があります。

3つの国の機関(三権)

今回まとめる3つの機関(三権)とは、立法、司法、行政の3つです。それぞれ簡単に説明すると、立法は、国の最高機関であり特に国の法律を新しく決めたり、変えたりする機関です。司法は、裁判所などで立法が決めた法律を破った人などに罰則を与えたりする機関です。行政は、国の方針を決めたり外国などと条約を組んだりする機関です。なので今回は今までまとめた三権分立を全体的にを軽くまとめていきたいと思います。

立法・司法・行政

立法

衆議院
定数 465人
任期 4年
被選挙権 25歳
選挙区 小選挙区289人、比例代表176人
参議院
定数 242人
任期 6年
被選挙権 30歳
選挙区 選挙区146人、比例代表96人

<もっと詳しく> 立法権

司法

刑事裁判 判決
民事裁判 和解、判決
最高裁判所
下級裁判所 高等裁判所、家庭裁判所、簡易裁判
刑事裁判 《簡易裁判所→控訴→高等裁判所→上告→最高裁判所》
民事裁判 《簡易裁判所→控訴→高等裁判所→上告→最高裁判所》

<もっと詳しく> 司法権

行政

行政の種類
外務省
財務省
文部科学省 など‼︎
内閣総理大臣
↓ 任命
国務大臣→各省の長(ほとんどが)
アメリカ
大統領制
議会の議員と大統領で別々に選挙して決まる。
日本
議院内閣制
国民が選挙した国会議員の中から内閣総理大臣を指名

<もっと詳しく> 行政

ついでに見直し